• 弁護士特約
  • 損害賠償の基準
  • 事故にあったら
  • 弁護士の対応例
  • 後遺障害の事例
  • 事務所概要
  • 弁護士費用
  • お問合わせ

弁護士特約って何?

交通事故において加害者となった場合、 示談交渉付きの保険に加入していれば、その交渉は保険会社が代わりにやってくれます。

ですがご自身が被害者となった場合、
あるいはお互いに過失がある場合の被害部分についての交渉は保険会社はやってくれません。

保険会社が示談を代行するのは、あくまで相手への対人賠償部分のみであって、契約者が相手保険会社から受け取る賠償部分についての交渉をやってもらえるわけではないのです。

自動車保険に加入していれば、事故の際には自分の保険会社の担当者が相手方と示談交渉にあたってくれます。
でも、全ての事故で示談交渉してくれるわけではないのです。

例えば「信号待ちで停車中に追突された」「駐車中に追突された」といった事故では、追突された方に一切の 非はなく、相手方の過失が100%となります。
この時、追突された被害者は自分の保険を使って示談交渉することができないのです。

それはなぜか?
自動車保険は基本的に事故相手の賠償に備えるためのものなので、相手への賠償が発生しない10対0の事故では、使いたくても使うことができないからです。

自分の保険会社が示談に出て来られないとなると、加害者側(加害者本人や保険会社)と話しをするのは被害者本人となります。

加害者側が誠意ある姿勢を見せ、納得いく賠償金額を提示してくれれば問題はないのですが、なかには示談を進めない、非を認めないなどのケースも。
また示談は進んでいるものの、「相手の保険会社が信じられない」「損害の一部を認めてくれない」など困った状況になることもあります。このような場合に泣き寝入りするしかないのでしょうか?

実は先に述べた「もらい事故」で被害者が困った状況にならないために、登場したのが「弁護士費用特約」なのです。

契約者自身が損害を被った部分に対する相手保険会社との交渉部分はご自身でやるしかありませんが、 その交渉が困難な場合において弁護士を立てたり相談したり、 そういう費用を負担してくれるのが弁護士費用特約です。
基本的には弁護士費用を負担してもらう内容の特約ですから、その弁護士の選択は自由で、保険会社からの紹介弁護士でなければならないということはありません。

「弁護士費用特約」

弁護士(司法書士、行政書士)への報酬や訴訟(仲裁・和解)に要する費用300万円を限度に支払う。

一般的な保険会社では上記のような内容になります。また保険会社によっては交通事故だけでなく、日常生活の被害事故も補償してくれる会社もあります。
歩行中の事故にも対応でき、しかも本人以外にも家族が補償対象になるなど、加入しておけばメリットは大きくなります。

保険会社の担当者のなかには「裁判していただいても結構です。判断は変わりません」といった強気の発言をする人もいます。
しかし実際に弁護士に依頼して裁判をすると、損害額、慰謝料額が大幅にアップする 事例も多いのです。
また、弁護士費用特約がなくても、相談無料、報酬は賠償金の増額分からのみ(成功報酬のみ)といったことも受け付けます。

「もらい事故」「歩行中の事故」など、交通事故で被害に遭ったなら、まずは専門家に相談してみましょう。

自動車保険(自賠責・任意)

○自賠責保険とは

すべての自動車に加入が義務づけられている強制保険です。
自賠責保険とは「強制保険」とも呼ばれ、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づいて、交通事故による被害者を救済するために、原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務づけられている保険です。
「物の損害」やご自身のケガに対する補償はカバーされません。

  • 自賠責保険は、交通事故による他人のケガへの賠償責任をカバーする保険です。
    したがって、自動車や建物などの物の損害やご自身のケガに対する補償は含まれませんので、ご注意ください。
  • 支払限度額が定められています。
    自賠責保険は保険金等を迅速かつ公平にお支払いするために、下表のように支払限度額が定められています。
<自賠責保険の支払限度額(被害者1名あたり) ※02年4月以降に発生した事故に適用>

死亡:3000万円
ケガ:120万円
後遺障害:後遺障害の程度に応じた階級によって75万円~4000万円

神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
常時介護:4000万円(第1級)、随時介護:3000万円(第2級)
上記以外の後遺障害
3000万円(第1級)~75万円(第14級)
  • 被害者が直接請求することができます。
    加害者が不誠実であったり、金額面で折り合いが付かずに示談成立しないため賠償が受けられないような場合に、 被害者は加害者の加入している自賠責保険の損害保険会社に直接請求することができます。

○自賠責保険と自動車保険の関係は?

・自動車事故で相手方にケガを負わせてしまった場合

自動車保険の対人賠償(保険)と自賠責保険の両方に加入がある場合は、相手方のおケガへの補償(損害賠償) にあたり、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額をお支払いする(※)のが自動車保険です。
このことから自動車保険は自賠責保険の「上乗せ保険」と言われています。

自動車保険(任意保険)会社は、自賠責保険で支払われる金額を含めて、一括して保険金を払うことが可能ですので、支払手続は自動車(任意)保険一本ですみます。(これを「一括払」といいます。)
・自動車事故で相手方の車を壊してしまった場合

自賠責保険は他人(被害者)へのおケガの補償のみが対象のため、相手方のお車の補償(損害賠償)はお支払いの対象外となります。
この場合、自動車(任意)保険の対物賠償がお支払いの対象となります。

<自動車保険の補償対象>
自動車保険(任意保険)は、自賠責保険でカバーされない自動車や建物などの「物の損害」やご自身のケガなども補償の対象としており、事故の円満解決やご自身の万が一のための補償としてます。

特約を確認する方法

弁護士費用特約の利用をお考えの場合、保険会社やプランによって特約を使用できる条件などが異なりますので、あらかじめご自身の加入している保険会社にお問い合わせ下さい。
弁護士特約の利用は過失が0の場合、つまりこちらに過失が全く無い場合のみ特約の利用が可能、と言う保険もあります。

無料相談・面談ご予約

無料相談・面談予約 

もえぎ総合法律事務所

もえぎ総合法律事務所 刑事事件相談所

もえぎ法律事務所

立川、八王子、日野、昭島、福生、国立、国分寺、東大和、調布、三鷹、府中、多摩、武蔵野、武蔵村山、町田、あきる野、稲城、青梅、清瀬、小金井、小平、狛江、西東京、羽村、東久留米、東村山、奥多摩町、日の出町、瑞穂町ほか東京23区内・神奈川県・埼玉県・山梨県で、債務整理、過払い、離婚、相続、交通事故、刑事事件等でお困りであれば、もえぎ法律事務所までご連絡ください。
これ以外の地域・分野でも随時相談をお受けしています。

インターネットで御予約いただいた場合、初回30分は無料法律相談になります。