• 弁護士特約
  • 損害賠償の基準
  • 事故にあったら
  • 弁護士の対応例
  • 後遺障害の事例
  • 事務所概要
  • 弁護士費用
  • お問合わせ

弁護士の対応具体例

弁護士の対応具体例

保険会社から一方的に治療終了を告げられた

交通事故の被害者は加害者の保険会社が病院に対して治療費を払ってくれるので、通常は治療費を払う必要はありません。
しかし、保険会社から一方的に治療終了の通知を送ってくる事があります。
仕事が出来ない状態の場合等は、さらに深刻な状況となります。

弁護士に相談すると納得ができるまで治療が続けられる場合があります。
(但し、医師の判断優先)

認定された後遺障害の等級に納得がいかない

いくら治療を続けても怪我の症状がなくならない場合、その症状に後遺症として1~ 14 級までの等級を認定してもらう事ができます。
しかし、等級に納得いかなかったり、後遺症に認定されない事(非該当)もあります。

弁護士に相談すると認定された後遺等級に異議を申し立てる事ができます。

保険会社に提示された金額が正当なのか分からない

治療終了後、保険会社から被害者に支払われる金額が提示されますが、慰謝料などいくらぐらいが妥当なのか分からないものです。
保険会社は、交通事故の問題は常に扱っており、交渉がうまく、言いくるめられた気になり釈然としない事もあります。

弁護士に相談するとあなたに代わって、保険会社と提示額を交渉します。

事故発生時解決①(自動車事故)

当初提示額     示談交渉後
180 万円  ⇒  232 万円

事故状況:
車の運転中、信号待ちで停車していたところ、加害車両に追突された。
首に痛みが残っている状態で、保険会社に治療終了を告げられ、治療費以外に慰謝料が60万円と休業損害120万円が提示された。

後遺障害等級の認定を申請し、14 級が認定された。
通院慰謝料が90 万円に増額されたほか、後遺症慰謝料110 万円、後遺障害による将来の減収見込み分として32 万円が加算された。

事故発生時解決②(自転車事故)

当初提示額     示談交渉後
1000 万円  ⇒  2600 万円

事故状況:
自転車に乗っていた最中、車との交通事故で脳挫傷等の傷害を負い、退院後も集中力や事務処理能力の低下したほか、ちょっとしたことで激しく怒るようになり人格も変わってしまった。
これらの症状について高次脳障害として他の症状と併せて併合9級の認定を受けたが、異議申し立ての結果併合6級の等級を得ることができた。

当初、保険会社からは、治療費や入院中の休業損害などの既払い金を含めて約1000万円の提示を受けていたが、最終的に2600万円の支払を受けることができた。

無料相談・面談ご予約

無料相談・面談予約 

もえぎ総合法律事務所

もえぎ総合法律事務所 刑事事件相談所

もえぎ法律事務所

立川、八王子、日野、昭島、福生、国立、国分寺、東大和、調布、三鷹、府中、多摩、武蔵野、武蔵村山、町田、あきる野、稲城、青梅、清瀬、小金井、小平、狛江、西東京、羽村、東久留米、東村山、奥多摩町、日の出町、瑞穂町ほか東京23区内・神奈川県・埼玉県・山梨県で、債務整理、過払い、離婚、相続、交通事故、刑事事件等でお困りであれば、もえぎ法律事務所までご連絡ください。
これ以外の地域・分野でも随時相談をお受けしています。

インターネットで御予約いただいた場合、初回30分は無料法律相談になります。